歯周病の原因と対処法の概要 歯周病はセルフメンテナンスだけでは治らない

スポンサーリンク

歯周病は歯周病菌の引き起こす炎症を原因とする病気です。
歯周ポケット内に歯周病菌が多数存在する状況では、歯周病菌の出す毒素が、歯茎や、歯を支える骨である歯槽骨、その歯槽骨と歯を繋ぐ歯根膜といった歯周組織を破壊します。
その結果、歯茎は後退し、歯周ポケットは深くなっていき、やがて歯が抜けます。

逆に、歯周ポケット内の歯周病菌がごく少数である状態を保ち続ければ、炎症は治まり、歯周組織は自己再生していき、歯周ポケットは浅くなり、歯周病は治ります。

しかし、歯周病に罹った状態の歯周ポケットには、プラーク(歯垢)が溜まっています。
また、歯肉縁下歯石(歯周ポケット内にできる歯石)ができている場合もあります。
自覚症状が現れるほど進行していれば、高確率でできていると考えてよいでしょう。
プラーク内には、多数の歯周病菌が繁殖しています。
歯石には軽石のように無数の小さな穴が開いており、その中にもプラークが溜まっているため、やはり歯周病菌が繁殖しています。

抗生物質等によって口内の歯周病菌を極少数まで減らせば、一時的に症状は治まります。
しかしそれだけではプラークや歯肉縁下歯石は歯周ポケット内に残ったままです。
それらが歯根膜の再生を妨害するため、歯周ポケットが浅くなることはありません。
症状が治まった=歯周病が治った、とは言えないということです。
また、プラークには歯周病菌を保護する働きがあり、その繁殖に極めて適した環境を形成しています。
そのためまたすぐにそれらの中で歯周病菌が繁殖し、症状は再発します。

よって、歯周ポケット内からプラーク、歯肉縁下歯石を全て取り除かないかぎり、歯周病が治ることはありません。

しかし、歯肉縁下歯石はセルフメンテナンスで取り除くことは不可能です。
歯周ポケット内のプラークも、口腔洗浄器の使用や、歯間ブラシの縦入れでも十分に取り去ることはできません。

歯周病を治すには、まず歯周ポケット内のプラーク、歯肉縁下歯石を歯科医院で完全に取り除いてもらう必要があります。
そのうえで、抗生物質による殺菌や、当サイトで紹介するセルフメンテナンス法、歯科医院での定期メンテナンスで、プラーク、歯周病菌を少量に抑え続け、歯周組織が自己再生できる状態を保つことにより、歯周病は治っていきます。

歯周病は、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)と呼ばれ、痛みがある、膿がでる、歯が揺れるなどの自覚症状が現れた時には、すでに重度にまで病状が進行しています。
また、日本の成人の80%は、歯周病に罹患しています。
そして、歯周病は進行度が軽度であるほど、より少ない通院回数、より低コストで、より確実に治せます。
自覚症状の有無にかかわらず、一度歯科医院で検査を受けてみるべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Matei より:

    Thanks alot – your answer solved all my problems after several days stlnrggiug